施工価格・Q&A

1.施工価格は?

施工内容(施工場所・総面積・ガラス1枚あたりのサイズなど)により異なります。また、施工面積が多い場合は㎡単価の値下げをさせていただきます。
正確な御見積もりには現地調査が必要ですが、弊社に直接ご依頼いただいた場合の目安(実勢価格)は以下の通りです。

一般サイズのガラス               ㎡あたり¥10,000前後
ワイドガラス(幅または高さ2m以上のガラス)  ㎡あたり¥13,000
(ただし、地域により異なります。また、30㎡未満の場合は別途基本料金が発生致します。)

他社窓ガラスコーティング(業者によります)   サイズに関係なく、㎡あたり¥13,000~15,000以上
大手メーカー遮熱フィルム(製品によります)   ㎡あたり¥20,000以上(品質が高いタイプの場合)
ペアガラス                   ㎡あたり¥38,000以上

他社製品と比較検討される場合は、価格だけでなく必ず性能値などを吟味していただきますようお願い致します。
窓ガラスコーティングは一般の塗装とは根本的に異なります。クールセーブは基本的に塗り替えの必要もありません。
通常の壁・屋根へのペンキ塗装のような価格では10年以上の耐久性を発揮する製品の施工は現実的に不可能です。
現在だけでなく、将来的なことも見据えた上でのご検討をお願い致します。

東京近郊 (東京・埼玉・神奈川・千葉・群馬・栃木・茨城など)はご依頼いただければ弊社が直接施工致します。
その他の地域については、関西・九州などには施工店もございますので、ご相談下さい。
ただし、価格は施工店や地域によって異なりますので、ご了承下さいますようお願い申し上げます。

一般住宅のお客様向けに、お手軽な価格のDIY(自分で塗る)まどりあるセットもございます。ただし、とにかく性能にこだわるかきれいに仕上がることを
重視されるようでしたら、必ずクールセーブの施工をご依頼下さい。

2.耐用年数は?

まず、やむを得ない事情がない限りは窓ガラスの室内側にコーティングします。

公的機関の検査結果では10年経過後も剥がれることなく、透明度や断熱性に変化は見られませんでした。
実際に15年以上経過した物件においても、劣化は見られず、塗り替えはしておりません。通常の環境においては、耐久性は実質半永久的です。
他社製品の耐久性は全て測定値ですが、弊社のように実際の物件で証明できる業者は他に一切ございません。
もちろん、(財)日本塗料検査協会において耐久性の試験データも計測しております。

3.施工保証は?

ご希望のお客様には施工前に限り施工保証書を発行致します。ただし、発行対象物件の所在地は東京・神奈川・埼玉・千葉のみとさせていただきます。
また、初回御見積り時からの御値引の金額によっては施工保証書の発行は控えさせていただきます。
一般住宅のお客様の場合のみ、発行も有償(¥10,000)となります。
保証書発行時以外は、基本的に再施工等は致しかねますので、何卒ご了承願います。

4.コーティング後の見た目は?

一言で申し上げれば、「景色を通して見たときには変わらない」という表現になります。パソコンやスマートフォンなどの画面では違いは分かりません。
ただし「完全な無色透明」では遮熱・断熱性能は出せません。そのため、100%見た目が変わらないようにしたい、という方はご依頼をおやめ下さい。
この工事の目的はガラスの見た目をきれいにすることではなく、遮熱・断熱・UVカット・結露抑制などの室内の快適性を追求することです。

また、サッシのゴム部分を養生する必要があるため、隅の数ミリは塗らない隙間が発生します。
ガラス面に別のものが障害物として完全に被ってしまっている際もコーティング器具が入らないため、完璧な仕上がりは致しかねます。

鍵と重なる部分も、基本的にはセキュリティの都合上外さずにコーティング致します。
性能には一切問題はございませんが、こちらも気にされる方はおやめ下さい。
鍵と重なる部分もコーティングをご希望の場合は、予め取り外していただくようお願いしております。

近年、あまりにも見た目の仕上がりだけにこだわり過ぎるお客様がいらっしゃいます。
空白部分が1mmでも発生すること、2、3㎜以内の範囲でのわずかな見え方の違いにもご納得いかない方は絶対にご依頼はお止め下さい。

5.夏涼しいから、冬寒いのでは?

熱は常に暖かい場所から冷たい場所へ移動しますので、コーティング前は常に暖かい空気が窓ガラスを通して室外へどんどん逃げていきます。
クールセーブを塗ると、コーティング膜が熱を吸収します。つまり、冬に暖房をつけた時はその暖かい空気を外に逃がしにくくします
工学院大学協力の試験データにおいても冬の暖房負荷低減効果が証明されております。(暖房効率23%アップ)
第三者機関によって冬の断熱性を証明しているのはクールセーブだけです。
また、結露も平均して半分以下になります。ペアガラスに塗れば、ほぼ付着しません。

6.施工時間は?

施工面積・環境・季節・天候などで異なりますが、一戸建ての住宅の場合は約5~6時間程度です。
指触乾燥は夏で約15分、冬でも1時間弱ですので、臭いも翌日まで残りません。
他社施工でみられる、スプレーガンや流し塗り工法は、液剤の無駄が多いために施工料金が高いだけでなく、時間もかかり、環境に悪影響を与え、臭いもなかなか消
えません。また、透明度が高く仕上がりがきれいに見えますが、実際はただ塗膜が薄いだけで遮熱性能は非常に低いので、おすすめしません。
ちなみに、夜間の時間指定の施工は塗膜の仕上がりの確認が困難になるため、お引き受けしておりません。ご了承下さい。

7.他社とのスポンジの違いは?

弊社はスポンジを使用して窓ガラスコーティングを行う特許を日本で最初に取得しており、器具の特許も含め、完全なオリジナルは弊社だけです。
そのため、クールセーブ以外でスポンジを使用するコーティングは特許違反に相当する可能性があります。

また、他社製品はスポンジの耐久性が弱く、中には20㎡未満で取り換えなければいけないものもありますが、弊社オリジナルスポンジは基本的にその施工の間は取り
換える必要は基本的にありません。コストも安く、ゴミを極力排出しないシステムで、地球環境にも配慮しております。

8.メンテナンスは?

特別なお手入れは必要ありません。日常のガラス清掃は、中性洗剤(食器を洗う一般的なもの)を水で薄めた液を使用し、やわらかい布かスポンジで清掃して下さい。市販のガラスクリーナーや塩素系アルカリ性洗剤の使用は避けて下さい。かえって塗膜が汚れてしまうことがあります。

9.コーティングできないガラスは?

網入りガラス・スリガラスを含めて、基本的にほとんどすべてのガラスにコーティングできますが、ミラーガラス・表面処理(撥水処理や絵が描いてある場合)ガラスはコートできません。また、遮熱フィルムが貼ってある場合は、剥がしてからコートします。表面処理の場合は、見た目には判断不可能なため、コーティングしてからでないと判別できない場合がございます。

10.臭いや化学物質など人体の影響における心配は?

作業時はどうしても臭いが発生しますが、ペンキのような強い臭気ではありません。また、余程空気が籠った空間でなければ翌日まで臭いが残ることはございません。
液剤には揮発性の溶剤が含まれておりますが、作業時に換気するので必ず揮発し、施工後は硬化します。
硬化後はコート膜を舐めても人体に有害な物質が溶出することは一切ありません。
(財)日本食品分析センター検査済

11.フィルムとの違いは?

まず、遮熱フィルムはどんな高価で遮熱性能の高い製品でも、必ず数年以内に接着面が剥がれてきます。
メーカーは10年程度の耐久性を宣伝しておりますが、西日の当たるガラスなら実質的な耐用年数は3~5年未満です。
また、基本的に網入りガラスや凹凸ガラス・スリガラスに貼ることはできません。
見た目においても継ぎ目ができるだけでなく、貼る作業者の技術によっては気泡が入ってしまうことがあります。

クールセーブならそういった心配もなく、ワイドガラスまで継ぎ目なくきれいに仕上がります。
色がはっきりと暗くなることもありません。ただし、100%通常の窓ガラスと同様の見た目にすることは出来かねますのでご了承下さい。

12.熱割れの心配は?

網入りガラスやスリガラスにフィルムを貼ることができないのは、熱割れのおそれがあるからですが、通常の環境では、故意に傷つけたりしない限りクールセーブにはその心配はありません。また、必要に応じて熱割れ計算書を提出させていただきます。